尿失禁が続くなら対策をしっかりしよう|誰にも言えない悩み事

女医
婦人

症状に的確に対処する

泌尿器科では陰部に発生した様々な症状に対処してくれます。埼玉県にはプライバシーの面で配慮がなされているクリニックが多く、高性能な検査機器を使って正確な診療が行なわれています。埼玉県の泌尿器科は、通いやすい立地にクリニックがあるので快適に通えます。

尿が漏れてしまうこと

病院

症状と原因

尿失禁とは、加齢や肥満などによりお腹に力をいれた時などに尿が漏れてしまうことです。尿失禁はいくつかの種類に分けられ、対策法もいくつかあります。 主な原因は、・加齢による筋肉の低下・更年期による女性ホルモンの低下・肥満によるもの・妊娠、分娩による骨盤底筋の損傷・痴呆によるものなどが挙げられます。高齢者や女性に多くみられるようです。また、くしゃみや咳などで、お腹に力をいれた時に尿が漏れてしまうのを腹圧性尿失禁といいます。対策は、骨盤底筋体操、薬物治療、手術療法などがあります。その他には、切迫性尿失禁があります。これは強い尿意を覚えて、トイレに着くまでに尿が漏れてしまいます。過活動膀胱が原因のことが多いです。対策は、骨盤底筋体操、膀胱関連、排尿日誌による行動療法、服薬などがあります。どちらも対策としては、尿もれパットなどの活用をすると良いです。

具体的に何をするのか

対策は紹介したので、ここでは具体的にどんなことをすればよいのか書いていこうと思います。どんなに健康な方でも運動した時などに、下着を濡らしてしまったなんて経験があるのではないでしょうか。これは成人女性半数以上が経験していることです。ここでは、すぐにできる骨盤底筋体操を紹介します。3ヶ月から4ヶ月ほど続ければ、効果を実感できる人が多いようです。まず夜寝る前に、仰向けの姿勢で行いましょう。膝を立て、肛門と膣をしめた状態で5秒数えます。これを繰り返すだけです。そして、座っている時です。家でテレビを見ている時に行いましょう。背中を真っ直ぐにし、足をしっかり床につけます。その状態で肛門と膣をしめます。どちらも生活の一部に取り入れることができるので簡単ですよね。

悩む女性

性感染症の正しい知識

若い女性に増えている病気が梅毒であり、年々増加傾向にあります。梅毒は性的行為で感染してしまうことで、赤い発疹が現れるのです。しかし、早めに発見して薬物治療を行なうことで治せるため、早めに検査を行なうようにしましょう。検査は、婦人科などで行なうことができます。

男女

見られたくない場所

新宿に泌尿器科は、駅が近いところにもあるため、通いやすくなっています。症状が深刻化してしまうと女性は、妊娠ができなくなってしまう可能性があるため、早めに治療することが大切です。泌尿器科によっても診察の費用がことなる場合があるため注意しましょう。

Recommend Link

  • 女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド

    悩んでいる尿失禁の対策方法をお探しの方はこちらのサイトが役に立ちますよ!是非掲載している対策方法を試して、お悩みを解決しよう!