尿失禁が続くなら対策をしっかりしよう|誰にも言えない悩み事

ウーマン

性感染症の正しい知識

悩む女性

女性の感染者

最近梅毒の感染者が急増しています。特に若い女性の感性者が増えていて注意が必要です。1967年以降ずっと減少傾向にあったものの、近年増加傾向が続いています。梅毒とは、性的な接触で感染します。感染すると赤い発疹出ます。原因となる梅毒トレポネーマという原因菌のせいです。早期発見で薬物による治療で治す事が出来ますので、早めの検査が重要になります。また感染に気がつかないでいると、パートナーに感染してしまったり、感染を広げてしまう恐れがあります。女性の感染者が増えている事から、不特定のパートナーと性交渉がある場合は特に要注意です。感染後は第一期、第二期と段階を踏んで進んで行きます。第一段階で痛みのないしこりが重要なポイントになります。しこりを見つけたら迷わず受診して検査を受けます。

治療を受ける

梅毒が疑われる場合は、速やかに婦人科等を受診して検査を受けます。費用は三千円から三万円位と病院によって大きく異なる場合があります。ただし梅毒は放っておくと命に関係する恐ろしい病気ですから、費用が少々かかっても必ず検査を受ける事をおすすめします。血液検査により確定診断となります。ガラス板法、TPHA法、RPR法を行い全てが陽性反応となった時に梅毒と診断されます。治療は、ペニシリン系の抗生物質を使用します。大よそ三週間から一ヶ月程度抗生物質を服用し、再検査します。血液検査の数値が落ち着いてきているか確認します。正常値になれば完治となります。基本梅毒は性交渉で感染しますが、プールや温泉などで感染する可能性は0%ではありません。